活動の記録


by soreikeshindai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

新ブログ開設

投稿の利便性から新ブログを開設いたしました。
http://d.hatena.ne.jp/soreikeshindai/
今後とも、よろしくお願いいたします。
[PR]
# by soreikeshindai | 2010-06-29 23:25 | お知らせ
遅くなりましたが6月27日にかりがね競輪場で行われた国体予選ピストのことについて書きます。
自分は1kmT.T.とスプリント、ポイントレースに出ました。
1kmT.T.は49:15のギヤ比で、最後までたれずに足を回し続けることを目標に出走しました。スタートではあまり踏まずに均等なペースでいけたのでよかったと思います。タイムはそこまで伸びませんでしたが、その日の目標はポイントレースで勝つことだったので足を残しました。
スプリントは割愛させていただきます。

そしてポイントレース。酸素不足であまり覚えていないので記憶に残っているところだけ。
ギヤ比は47:14。今季はじめてつかう重いギヤ。
4km速度競争で逃げをかました梅丹の人と、信大の龍太郎君をマークしようと思っていました。
スタート。オカバ氏が積極的に前に出る。やる気やなーと思っていたら最初のポイント周回後いつの間にか姿を消す。いいんだもん!!1kmT.T.パーソナルベストやもん!!4速も完走したもん!!
その後二回くらいはポイントに絡めなかった気がする。(あんまし覚えていません)
最初に逃げをかましたときはいつの間にか後ろがいない状況で、いっちゃえと思って行ったら決まっってくれました。ポイントをとって後ろを振り返ると龍太郎君が集団を押さえてくれていたのがみえてうれしかったです。
2回目の逃げ。ホームが向かい風でみんな引きたがらない。上にあがっていくのがわかったので地味に踏んだらなんとまあ集団から飛び出せた。第二コーナー付近ででほかの選手がお互いに邪魔しあっていたのも重なりうまいこと逃げられる。2周一人で逃げるのはきつかった。
第三コーナーで龍太郎君が先頭で自分が番手にいたとき、二人で逃げれば決まるんじゃね?と思い先頭を交代した後声をかけて踏んでみるも、後がキッチリついてきて撃沈。あとでオカバ氏から聞いた話によると逃げにキレのかけらもなかった、という小峰さんからのありがたいコメントがあったらしいorz。瞬発系の筋肉を鍛えねば。
ラスト2周回。
すべての力を振り絞ってロングスプリント(ここでもキレはありませんでしたが)をかけてみた。残り1周。後ろはまだ離れている。いったれーと思い頑張ったが最後に龍太郎君にさされるorz。しかも後ろも引いてきやがるもんだからさらにさされ最終三着でゴール。
結果18?点で二位でした。
満足のいく結果ではありませんでしたがとりあえず最後まで走り切れたのでよかったと思います。

最後に、サポートに来てくださった近藤さん、木村さん、田内君、あなた方の支援なしにはこの結果は残せなかったと思います。本当にありがとうございました。

長谷川
[PR]
# by soreikeshindai | 2010-06-29 21:43

6/29 朝練

今日は長谷川さん、赤沢、市村、青木、小松、深沢、内山。勝川は体調が悪くお休み。連日大会できつかったからね。
5:30に集合したが、ホイールがばらばらになっていたため練習開始は6:00になってしまった。雨は降っていなかったがバンクが濡れていたので、ローラーでアップ。20分。
・ローラー
・ハロン2本
・F6×2
・半周ロケット1本
・エンドレスリレー(あとちょっとで玉突き事故リレー) 1人2回もがき

 F6は先頭交替やまっすぐ走る練習ということで、今までは27~28秒で回っていたが、今日は25秒にペースアップ。先頭を引く時はかなりきついが、後ろについてしまえばかなり楽でむしろ休むことができる、という感覚を1年生も感じられたと思う。みんな以前よりだいぶ上手になった。
 半周ロケットは、みんなまだまだです。半周で自分の持っている力をすべて出し切らないと。終わった後、普通に話せるようじゃダメ。ぶっ倒れるくらい出し切らないと。しかし自分では頑張っているつもりでも、半周で出し切るってなかなかできません。おれもまだできないです。だからそこは後ろのやつを千切ってやろうくらいの気持ちでやってください。気合で。
 ・エンドレスリレー(あとちょっとで玉突き事故リレー)はみんなしっかり追い込めたみたい。インターバル系の練習はどれだけ自分を追い込めるか。です。

赤沢。
みん練習の感想をコメントに書いてね。
[PR]
# by soreikeshindai | 2010-06-29 13:38 | 練習

6/26・27のアレ

6/26「全日本ロード(ジュニア)」
距離:120km(12km*10周回)
結果:DFN(5周)
天気:雨。風:微風。気温:気にならない気温。
前日の夕飯:生姜焼き定食。ごはんおかわり3回
就寝:10:30くらい
起床:5:00
僕はジュニアのクラスに出場しました。
出走前から完走するのは半分以下だと考えていたので、できるだけ前に行きたかったのにサインが遅れて後ろの方でのスタートに。
降り続く雨で路面は濡れて折り重なる下りコーナーは難易度が上がっていた。1周回目から落車が多発。しかも、コース上の砂利が片付けられていなくパンクもかなりあった。
そのせいか、集団はばらけて10~20くらいの細かい集団が形勢。この時点で俺は4thか5th集団にいた。
3周回目のちょっとした上りで遅れてしまい、追いつこうと下りを攻めたら後輪が滑り落車。幸い濡れた路面で滑ったおかげで擦り傷程度だったので、急いでチェーンを直し追走再開。
走り始めた直後に後ろから来た8人くらいの集団が来たので、そこに交ざって走る事にした。しかし、周回を重ねる毎にトップとのタイム差が広がり5周回終了で足切り。DFN。出発前に、鈴木雷太さんやky先輩にCCDやパワージェルを貰っていたのに、完走すらできなかくて非常に不甲斐無い。もっと練習して強くならなければとかなり思った。
今回の反省点は、サインが遅れたこと。1周回目で前の方に上がって行けなかったこと。

雷太さん、ky先輩。ご支援いただき本当にありがとうござました。かなり助かりました。
CCDは今回初めて使いましたが、かなり調子よかったです。
梅丹のパワージェルも、自分は飲みやすく助かりました。
期待に応えられるよう、もっと頑張っていきます。
また、レース会場で新城幸也さん、福島晋一先輩と写真を撮らせていただきました。
日本ロード会の大スター2名と写真が撮れてかなり嬉しいです。
福島先輩には、かなり良くしてもらいました。
御2人の更なるご活躍を期待しております。ありがとうございました。

6/27「長野県国体予選トラック」
出場種目:1km、チームスプリント、4km速度競走、競輪
天気:曇り
就寝:2:30(広島から帰ってきたのが1:30くらい)
起床:7:00
睡眠時間短い。キツい。広島の疲れが残ってて足重い。
まずは、1kmTT。結果:1m17s。前回よりは速くなっている。
1kmをやると毎回思うんだけど、ラスト1周(333m)でかなりたれる。
2周目終わりまでは調子よく回してる気がするんだけど、最後は呼吸がままならなくて足が止まる。
心拍系の練習もしなければ。
次に、チームスプリント。結果:1m9s。まあまあかな?って感じ。
1周目が自分で25s9だった。もう1sは早くなれるはず。
2周目、3周目は先輩方が走ってそれぞれ22sだったっけ?
1番の俺が、24s台だったなら先輩方も20s台で走れたはず。
後半に伸びなかったのがいけない。それに合わせ不足です。
狙うなら、もっと合わせ練習をしましょう。
短期間の練習でグダグダになるのはいけませんが、長期間やって完璧になるのなら問題ないはずです。
僕らなら、少なくともあと5s早くなれるはずです。
次、4km速度競走。グダグダ。
誰かが逃げて、結局追いつかずに終了。
逃げを許さなければ良かった。完璧に油断してた。
次、競輪。結果:4th
スタートは2番で、1番が湯原さんだったので迷うことなく1番の後ろにつく。
バイクが外れて、1番が先行すると思っていたのでダッシュにそなえるも、1番牽制。
残り1周回。1番ダッシュ。2番も合わせる。
最終B、後ろから2名がまくりにかかる。2番塞がれて出れない。
4コーナー終わり、2番やっとでれるが、もう遅い。ここから伸びる足が無い。
結局、1番もさせず4位。
反省、もっと後ろも警戒しましょう。

だいたい、こんな感じの週末でした。かなりハードでした。
[PR]
# by soreikeshindai | 2010-06-28 21:00 | 大会

国体予選 トラック

今日は長野県の国体予選(トラック)がありました。以下練習ノートの転記みたいなもんです。

朝食:ご飯、しらす、オレンジジュース
補給、昼食:アミノバイタルゼリー、あんぱん、だんご
夕食:プロテイン、ピザ?などなど

就寝23:00 起床6:00

昨日の夕飯もご飯と納豆と豆腐としらすしか食わなかった。お腹はけっこういい感じだった。下痢はいつものこと。
8:30 周回開始。40。他チームを抜くたびにペースが上がってしまい、けっこうきつかった。太ももがちょっと張ってしまいもうちょっと抑えとけばよかったとも思ったが、今までの大会はw-up不足が多かったので、結果的によかったかもしれない。現にこの後のハロンでベストを更新できた。練習の時の周回もこのくらいのペースでやれればいいと思う。

10:00 スプリント予選。11“51。50-15。バトン-ディスク。自己ベスト11”85を更新。最近調子が上がらないというか、根本的に弱くなっている気がして悩んでいので、ここでのベスト更新は嬉しかった。上を回る時にスピードに乗りきれずにラストで無駄足を使ってしまった。それと、やっぱり力んでしまった。3本ローラーで高回転練習をやる時は、力を入れてガチガチにやるよりも、上半身はリラックスしたほうが明らかに回る。本気になるとどうしても力んでしまうので何とかせねば。

10:25 1000TT。49-15。 1‘12“24。自己ベストは昨年の10月の1’12”23.。わずかに及ばなかった。でも正直安心した。まるまる2カ月間、まったく運動でできなかった時期がありどのくらいのタイムが出るか不安だった。練習では17秒くらいしかでなかったし。ギア比は50にするか悩んだ末、49にして正解だった。ラスト1周ことを考えると、軽くしたほうがいい。

12:40 チースプ。青木(50-15)→長谷川(50-15)→赤澤(50-15)
①25“94 ②21”05 ③22“22  1‘09”21
去年のタイム(近藤、赤澤、中村)を発掘したら、1‘09“21で同タイムだった。青木は49-15でいいかも。最初詰まった。3コーナーからもっと上げてほしい。長谷川さんは速かったっす。後ろに着く時はギアは51がほしかった。しかしラスト1周のことを考えると現時点では50が限界か。青木が抜けた瞬間にぐっと上がったので、徐々にあげてほしい。自分は変わって半周は加速できたが、3コーナーから垂れた。風の影響もあるだろうが、まだまだ力不足。インターバル系のメニューをやって足をつけたい。

ケイリン 2位 51-15
先頭から湯原さん、青木、岡本さん、赤澤。湯原さんが駆けて、青木がちぎれても、岡本さんが追って、俺はそれにしっかりついて最後まくってやろう!という作戦でした。しかし、湯原さんがずっと牽制していて、岡本さんも様子見で、もう半周チョイしかないからもがいてみる。すると、岡本さんに並んだ瞬間、岡本さんが駆けて、なかなか抜けない。コーナーで外側に並んでしまい、諦めていったん後ろに下がった。直線で再び駆けてみたが、まくりきれなかった。というか、追いつかなかった。今までは、バイクの時点で無駄足を使う走りをしていたので、それは改善できた。それと事前に作戦を考えられたのもよかった。来週の学生選手権に活かしたい。

スプリント決勝 VS 湯原さん (負け 負け)
1本目は出走後ディスクにトラブルがあり負け。実は気合を入れていいディスクを貸していただいたのだが事前のチェックはなくぶっつけ本番だった。これは教訓にしたい。大会で初めて使うというのは避けたい。必ず練習でチェックしてから使うようにしたい。
2本目。イン。3-4コーナーで上を回っていて湯原さんは4メーターくらい後ろにいた。湯原さんに先に駆けられたら勝ち目はない。予選のハロンのタイムは俺が勝っているぞ!と考え、逃げ切ってしまおうと思った。そのあとは何も考えずに、とにかく逃げた。いけるか!と思ったら、最後の直線でこの嫌な感じが。ゆっくりゆっくりスローモーションのように右に前輪が現われ、抜かれてしまった。相手が湯原さんということで、一か八かみたいなとこがあった。同じ舞台に立っているのだから引け目を感じずに勝負できるようにならないと。

近藤さんサポートありがとうございました。機材に不安を持たずに、レースに臨むことができました。木村さんと、田内も前夜から練習に付き合ってくれてありがとうございました。古川さん、応援ありがとうございました。

赤澤。
[PR]
# by soreikeshindai | 2010-06-28 00:20 | 大会